2005年 06月 24日 ( 1 )

飲める水と飲めない水の見分け方

皆さん、こんにちは!

このブログで「梅雨は嫌いだ~!」と書いていたせいなのかはわかりませんが、
世間的にはものすごい空梅雨に・・・

私の願いがききすぎたのか、この夏の水不足はもう確定的のようです。
うーん、キャンプに行きたいが、水不足も困ります。
梅雨時の雨は、ほどよく降ってくださいね(反省)。

今回は、そんな水不足にも役立ちそうな、ちょっとした豆知識を紹介します。


ずばり、飲める水と飲めない水の見分け方! です。

一つめのポイントは「流水」かどうか!

どんなにきれいに見える水でも、「水たまりのように溜まっている水はNG」。
ほぼ100%の確率で、そこには細菌などが繁殖しています。

一方、沢を絶えず流れている水の場合、基本的には飲める水です。
地表からわき出て流れる過程で濾過されています。
そのため、雑菌も少なくきれいで飲める水が多いといわれています。

しかし! ここで注意!

その川や沢沿いに「山小屋」がある場合、そこから排水などが排出されている場合が。
そのため、雑菌が混ざってしまっている可能性もあります。

沢の水などを飲む場合、あらかじめ地図などで山小屋などの場所を確認し、
その稜線沿いにある沢などはさけた方が無難かもしれません。

・基本は流れている水はOK!
・でも、山小屋の場所には気をつけよう


この二つを忘れずに、水不足を乗り切ろう~!




[PR]
by 3a-outdoor | 2005-06-24 19:37 | 知っ得!キャンプ豆知識 | Comments(2312)